楽しい日も、涙な日も毎日が素敵な好日    
--'--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 top▲
2005'07.18.Mon
羊蹄山2日目
午前3時。
山頂で朝日を見るために出発。
ガスってる・・・(ガスがひどい)
私たち以外に、外人さんと、親子連れを含めた
合計12人のパーティーで出発。
どうかガスが晴れますように・・・。

真っ暗闇の中、懐中電灯で足元を照らし
松の木をぬけて
強風のなか飛ばされそうになりながら
必至にみんなで山頂を目指しました。

眠いし、風は強いし、雨は混じるし・・・。
みんな「無言」です

私の帽子(もちろん帽子止め付き)も強風で
「ぴゅーっ」と飛んでいき
なんとか岩に引っ掛かったのを捕まえました・・

一時間かけ頂上の旧山小屋に到着。
待てども待てども朝日は見えず
ガスと風の中
ぽやーっと夜は明けてしまいました。

残念無念。
一回では簡単に見れないもんです。

山小屋に戻り朝食を済ませ
8時半に出発。
天気予報どおりの大雨でした。
山は裏切らないのね・・・。

少し重い足取りで
ヒラフコースから下山。
雨ですべる滑る。
道はただの川になり、足場を確保しながら
落ちないように細心の注意を払って
急な岩場を降りていきましたが・・・

「つるっ」
「ゴロゴロ、ゴツン」
「どすっ」

落ちました。
たぶん2mぐらい下に。
ホント頭打ってたら
死んでました。
放心状態・・・。
どこも痛くないのが奇跡でした。
自分の「にく」に守られたのかも・・・。
初めて感謝。

松の木の枝で
レインコートがやぶけ
まったくもって役割を果たさなくなり
もうびしょびしょです。
なんだかそれが気持ちいいくらいになっていました。
普段の生活で雨なんて体で感じられないですから。

五合目までくると
空は晴れ上がり
雨つゆと上記で
「屋久島」のようでした。(行ったこと無いくせに)

二合目あたり
水ぶくれが割れて
足を引きずりながら
やっとゴール。

ついた感動、体の痛み
終わっちゃったかという寂しさで
しばらくは立ち上がれませんでした。

濡れてしまった服は
もう、完全に乾き、
雨の面影はなくなりました。

昨日はあまり飲めなかった
ビールをコンビニでゲットして。
「ゴクリ」
うまい。うまい(涙)

汗と日焼け止めを流しにみんなで
「京極温泉」へ。
熱い・・・。
露天風呂もなぜか熱い・・・。
でもさっぱり。

お腹がすいたので、
さっぱりとしたおそばを食べに
「ドライブイン ふるさと」へ
見た目とは裏腹に(すいません・・)
味はかなり上手かったです。
とろろ山菜。(テンカスサービス)
札幌にはなかなか田舎そばの食べれるお店が無いので
ホントいい店発見できました。
ご馳走様でした。

帰りの中山峠は事故のため
大渋滞。
お腹一杯だし、疲れてるしで
私は大爆睡。
ドライバーさんごめんなさい・・・。

この二日間、久しぶりに
「限界」と戦いました。
越えられない苦しみは無いんだということを
久々に実感して、
乗り越えた後の喜びも感じました。
苦しかったけど、ホント挑戦してよかった。

山は温かかったです。
すれ違う人と交わす挨拶も
出会えただけで仲間だという感覚も
全てが新鮮で素敵なものでした。

それから、食べるもの全てが美味しかった。

朝日が見れるように
また「羊蹄山」に行きます。
日常では味わえない感動。
また味わいに行かないと。









スポンサーサイト
2005'07.17.Sun
羊蹄山へ
天候は晴れ
最高の登山日和です。
まずは、中山峠で揚げ芋ゲット。
何でこんなに甘いのかな・・・。

私が登ったのは
喜茂別というコースでした。

入り口入ってすぐロープ・・・

血の毛がひくほどの急勾配。

見上げても、ただただ急勾配。

足はつるし

吐きたくなるほど辛くて、心臓もバクバク


それも7合目付近で
下の街が見えた時、涙が出るほど感動しました。

何度も「限界」を感じて。止まりそうな足を
気力で何度も引き上げて
でも、天を見上げて木の隙間から青空が見えたり
見たこと無い小さな花を見つけたり
なにより、食べ物が美味しかった。
おにぎりもまたいいのかも・・・。

9合目
雲が下に見えて、飛行機の乗ってるような感覚になりました。
そして、山頂
ほんと、うれしすぎて言葉が出なかったです。
困難なことほど、乗り越えたときの感動は大きいのですね。
山頂のエビスビールもおいしかったな。

でも一人じゃ出来なかったです。
8人いたからこそ出来ました。

それから山小屋へ向かい、
みんなで軽く飲んだりご飯を食べたり
ホント何食べても美味しいもんだから
つねにパクパク、パクパク。

と、一日が過ぎていったのです。
この続きはまた明日で


Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。